FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 豆本がちゃぽんを始めて10年経ったそうです。
私も数回参加させてもらいました。
このたび豆本がちゃぽんの10年を振り返る
嬉しい素敵な本ができました。

「B4変形サイズの本です。
10年間に豆本がちゃぽんに入った本の写真やデータ、
この本のために書いてもらった作者コメントを掲載しました。
どんなふうに豆本がちゃぽんが作られてきたかが、
全体像の中から見えてきます。
真ん中にはポップアップをつけました。
100円を矢印に従って入れるとカプセルが出てきます。」
 (作品紹介文より)

一冊1500円。凝った造本にウキウキです。
詳細は、赤井都さんの言壺へ。

10年を記念して、「豆本がちゃぽん10周年」の展示が
東京堂書店1~3階奥階段スペース&カフェ壁
で行われています。5月いっぱいです。

さて、東京堂書店から歩いて数分。
今度は三省堂書店本店の
1階に展開している神保町いちのいちさんの
「豆本書店」を覗いてきました。
IMG_4784[1]

入口脇に「豆本書店」の看板があり、
外からも豆本たちが見えるようになっています。
20名の作家からなる多種多様な豆本の数々。
ご縁があって、凱留狗工房の豆本も扱って
もらってます。

クラシカルな机の上に扉付きの棚が置いてあり
扉を開けてサンプルを自由に閲覧できます。
商品は、サンプルに付いてるアルファベットを
たよりに、引き出しから見つけます。
IMG_4785[1]

 店内入ってすぐ左手。可愛く凛々しく
陳列されておりました。

納品商品一例↓
01ホテル
書影03
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。