FC2ブログ
前記事の一覧を見ると
6番と7番が、映画と原作では
LCF版とAT版が逆になってるのがわかる。
これが現場での混乱の原因。
多分映画ではうっかり取り間違えて
撮ってしまったんだと思われる。

一方、原作とわざと変えた部分もある。
3番の天使の顔と、8番、9番の
人の顔が違う。
監督コメンタリーによると、
それぞれ出演者の似顔絵に
変えたのだそうだ。
ナインスゲート似顔絵
3番の髭のある天使はセニエ兄弟。
8番の棍棒を持つ男は、コルソを
つけ狙う金色の短髪の男。
跪く乙女は、コルソ役のデップの顔。
9番の悪魔の女は、監督の嫁の顔。

他にも監督コメンタリーによると
エレベーターや書庫の暗証番号は
悪魔の数字、666であること。
書庫の壁の絵は結末に登場する
古城であること。だそうだ。

666つながりで言うと、
4番の右下サイコロは、見えてる目を
足すと三つとも同じ6である。
又、本の出版年
M DC LX VI 
つまり1666年も666にちなんでいる。

木版画像のネタ元としては
タロットカードや運命の車輪、
大淫婦バビロン等がある。
taro.jpg
babilon.jpg

私見だが、扉ページは
「ポリフィロの夢」を下敷きにしてるように
思われる。
扉ページ比較
木版画にラテン語の詞書を添えるのは
エンブレマタEmblemataと呼ばれ、1531年にイタリアの
アンドレーア・アルチャートが103枚のエンブレムを
収めて出版、ベストセラーになってる。
余談だがボマルツォの怪物庭園の碑文にも
影響あり。

ラストシーンの古城は、廃墟となって外郭しか残っていないけれど
フランスに現存するピュイベール城。住所は
Château de Puivert, 11230 Puivert, France
グーグルマップで見れる。

以前二回ほど観た映画で、当時はハテナでしたが
今回深堀りしてあらためて色々楽しめたのでした。
この頃のデップ様は麗しい。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?