FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近特に、鼻持ちならなさ加減にげんなりします。自分の。
かと思うとくだらない事を他者と比べて過剰に自己卑下してみたり。
こういうマイナスエネルギーって、表現に置き換えてやれば
ちったぁ楽になるんじゃないかと愚考し
豆本のネタにしようかと。

傲慢シリーズとしていくつか断片を並べてみようと思う。

自分は負けず嫌いである。
学生の頃は、友に負けたくないために試験の点を取り、
優越感を得るために優等生を演じる
そんな嫌な子供だったように思う。

他人と比べることで傲慢が生まれる。

 宗教を安易に参照してみると
七つの大罪(罪源)the seven deadly sinsのうち、
もっとも悪徳なことが傲慢Pride Superbiaだ。
あらゆる罪の根源となるもの。というのも
この心を持つ者は謙虚さを失い、神をも恐れず、不遜になるからだ。
神を必要としなくなるのは宗教的に致命傷なわけで。
16世紀の画家・ブリューゲルPieter Brueghel the Elderの
『傲慢』という版画作品には下部に銘文が添えてある。曰く
「傲慢は神がなによりも憎むもの、同様に神もまた傲慢から無視される」

傲慢
中央で華美な服を着て鏡に見入る女が傲慢です。
鏡に映った顔は怪物で、本性を暴露している。
足元では、怪物が鏡に映る自分の尻に見入っている。
その左横のグリロス(頭から手足が生えてる怪物)は
指輪を口に咥え、鏡にうつる自分の姿に満足気。
怪物は孔雀の尻尾をもち、「傲慢」を象徴する女の脇にも孔雀がいる。
華美な羽を持つ孔雀は虚栄という傲慢のシンボル。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。