FC2ブログ
構想三ヶ月、何度か投げ出しそうになりながらも
マンドラゴラ豆本がやっと形になりました。

fig4.jpg
「Codex Mandragora」70mm×50mm 本文84ページ
表紙はレザック96オリヒメY目130kgミルク色。

fig2.jpg

謎だったコプト綴じも、教育TVの「趣味悠々」で知った、
綴葉装を少しアレンジしてそれ風に。
ナンチャッテ コプト綴じで写本風味を目指しました。

fig3.jpg

 背表紙が無いので、本が180度以上開くのが新鮮です。
 初めて綴じ糸に麻糸を使ってみたところ、中々にいい感じ。
 本文用紙は最近凝ってる書道半紙。印刷時の紙詰まり&
皺寄り確率がハンパ無いです。3割じゃきかなくなってきた。
表紙に使ったオリヒメは、見た目も手触りもかなりデコボコしてるのに
なぜか普通に印刷できてしまうという、とても行儀の良い
お利口な紙です。
 マンドラゴラトリビア満載。今なら記憶に新しいので
ちょっとしたマンドラ通です。

 あとはこれをもうちょっと古色蒼然に、仕上げられたら
良いのですが....

 マンドラゴラといえば。
AnnickGoutalから、マンドラゴラがちゃーんと入ってる
香水が発売されてることを、Mistletoeさんのブログ
知りました。
ボトルで買うと高いので、小分けしたものを入手。
kousui.jpg
その名もズバリ「マンドラゴール」。
ベルガモットやブラック・ペッパーも入っていて、
スペアミントを基調にしたスパイシーな香り。
 Mistletoeさんは11月のイベントで、マンドラゴラの
タネも販売するんだとか。
毒草だし、苗は輸入できないのですがタネならOK。
日本の風土で育てるのはなかなかに難しそうですが、
タネを持ってるというその事実だけで十分幻惑的。

 ちなみにマンドラゴラの花言葉は「恐怖・幻惑」です。


スポンサーサイト
  
コメント

これまたかっこよくも幻惑的な豆本ですね^^

マンドラゴラの香水なんてあるというのも
知らなかったので素敵です

花言葉もかっこいい!

式水下流│URL│07/28 10:33│編集

式水さん、ありがとうございます。
ちなみにさらにネットで拾った薀蓄を
披露すると、誕生花ってのもあって
マンドラゴラは6月22日の花です。
 式水さんの誕生花は、えっと

カイドウ 花言葉は「温和」

だそう。
似合ってそうです^^。
quu│URL│07/28 14:36│編集

祝、完成♪
臓物色のも作ってね~

イカしたケースもつくりましょうや~
銀房│URL│08/03 11:25│編集

ぞーもつ色かぁ。
そうですねー、なんとかオーラを
出したいものです。

作ってもらってあるあのマンドラコレクション箱に
収納して、デザフェスでは展示したいと思ってます。
quu│URL│08/03 14:39│編集

うっひゃ~。本、素敵ですねぇ。臓物色・・・。そっちも早くみたいなぁ。

マンドラゴラって、実在してたんですね。花言葉や香水まであるとは・・・。勉強になります。
の・愚痴│URL│08/08 01:57│編集

先日頂きました半日休暇を使ってマンドラゴラ銀細工に着手!
まだまだ試作品レベルですが、完成したらデザフェスに加えてくださいませませ、ヨロシク~
銀房│URL│08/08 11:51│編集

の・愚痴さん、ありがとー。
臓物色、出来上がりました。
出来上がりをみると、このカラーは
凱留狗属性だなぁとしみじみ。
 近いうちにお見せできると思うです。
quu│URL│08/08 12:22│編集

銀房さん、まぢで?
銀モノだなんて、ついに専門分野じゃないですか。
本格参加か!?
quu│URL│08/08 12:26│編集

箱、臓物色に塗りかえましょうか
ね、
銀房│URL│08/22 10:08│編集

いやいやいやいやいや
あの箱はあれで完璧。
塗らせません。

もう片っぽの方は更に改良してみます?
quu│URL│08/22 14:17│編集

こんばんは。

マンドラゴラを育てているので、ぜひ購入したいです。
苗も検疫がすんでいれば輸入できるのですが面倒なので、種から育てるのが楽ですね。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/kuma1789
URL│08/31 19:32│編集

Mandoragoraさん、はじめましてー
一体何者でいらっしゃいますか!?
凄いです。実は甘い匂い?興味深々です。

Mandoragora officinarumは
伝説だと雄マンドラですね。
育成には子守唄を聞かせるのがよいそうです^^;。

 マンドラゴラ豆本、興味もっていただけて嬉しいです。
10月の豆本フェスタ
http://azusa12111.exblog.jp/
11月のイベント錬金術師の招待状
http://www.giovanni.jp/event/information.htm
11月のデザフェス
http://www.designfesta.com/jp/df/event/

以上三箇所にて即売予定です。
このうち入場料無料なのは「錬金術師の招待状」です。
よかったらいらしてください
quu│URL│09/01 01:42│編集

その本、めっちゃほしいです!

出来たら、ください!!!
バスケっ子│URL│11/19 22:20│編集

バスケっ子さん、こんにちは。
一冊 1500円です。
送付先をメールしてください。

qubok@tbb.t-com.ne.jp
quu│URL│11/20 05:04│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://keruku.blog62.fc2.com/tb.php/205-1b3a6d89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)