FC2ブログ
以前書きました、ペーパーブランクスのノート。
悩みまくって結局ケルズの書シリーズの
「エバンゲリ」を買いました。
あれから半年経過。
未だにビニール袋を開けられません(><)!

それにつけても気になるのは
このノートの製本方法、コプト綴じ。
チェーンステッチともいうみたい。
本の背の部分が無いので、180度開く。
コプト教の人々(エジプトのキリスト教徒)に
起源を発し、4世紀までさかのぼるのだとか。
名前がかっこいいぞ。

「各帖の隣接する綴じ穴の出入を利用して
各帖ごとに糸を鎖状に絞めてゆく。綴じ糸は
表紙の一方の板から入って本文料紙を綴じ、
他方の表紙の板に抜けて止められる
初期のコプト綴じは糸を2本に分けた」
という記述を発見。

どこかに図入りで綴じ方書いてないかな?
スポンサーサイト



  
コメント

お探しのは、「初期の」綴じ方なのかな。
コプト綴じについて、『手で作る本』(山崎曜著 文化出版局)にも出てました。図入りで作り方がのっております。
正式なやり方なのかはわからないのですが、そうとう複雑で、私にはできそうにありませんー。

ミイラの書とかつくってみたくなります!
おれいゆ│URL│05/25 05:15│編集

なんか知らない単語ばかりだわ~w(°o°)w
製本の世界も奥が深いのねv-87


>おれいゆさん
ミイラの書・・・出来上がったら買いたいですf(^^;)
瞳硝子│URL│05/25 08:47│編集

おれいゆさん
サスガ~師匠っ、よくごぞんじ。
え、でも説明書きがあっても
おれいゆさんが作れなさそうって...
やはり2次元の説明には限界があって
実際教わらないと難しいのかな。

瞳さん
ね。ミイラの書。
私も欲しいな。
quu│URL│05/25 11:56│編集

製本世界は奥深いです~。
の・愚痴│URL│05/26 06:38│編集

こんばんは~。
編み物とか組紐とか、糸が複雑っぽい図がともかく苦手なので、ぜんぜんできる気がしないのですが、ミイラの書にはおおいにそそられております。
こういう気持ちが、岩をも通すとか、そういうことになると、いいなぁぁぁ。
(瞳さんなら、難しくない気がします。いつか機会があったら、教えてくださいー。)
おれいゆ│URL│05/26 20:55│編集

NHKで毎週放送してる「趣味悠々」の
「お気に入りをとじる」第5回放送の
和とじ方式がコプト綴じに似ている。
要チェキ
quu│URL│06/16 03:28│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://keruku.blog62.fc2.com/tb.php/172-c76743d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)