上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前記事でも宣伝してます、トンネルブック展。

ご紹介三つ目は、凱留狗初の総天然色覗き豆本「土星さん」
土星さん書影00
折り畳んである蛇腹部分を
びよーんと伸ばして
土星さん書影1
中を覗くと。
土星さん覗き1
土星さん覗き2
目指したかったのは幻燈冩眞。
ノスタルジーさが多少なりとも伝われば。

展示備品用にLED発光キューブ(100均)も
ご用意しました。スイッチをONにして点灯させ
LED.jpg
「月穴」や「兎穴」の背面部にあてて、
ぼやっとしたLED光を透かして覗いて見てください。
両方ともトレーシングペーパー出力なので
透けた結果、モノクロ世界に色が付きます。
LED付き2

-------------------------
【トンネルブック展 ~豆本作家のピープショー~ 】

と き/2013年5月16日(木)~6月15日(土) 10:00~22:00
ところ/Books Tokyodo / Peper Back Cafe アトレヴィ東中野店 
    東京都中野区東中野4-4-26 アトレヴィ東中野3F
-------------------------
店内の様子
店内1
店内2

東中野駅 西口 駅ビル3Fというアクセスの良い
東京堂書店さん、レジそばのスペースにて、
30種類以上の百華繚乱手作りトンネルブックが
ボリュームたっぷりにお待ちしております。
ツイッターハッシュタグは
#トンネルブック展
が熱いらしいyo!

***追記***
後半戦に入りました、トンネルブック展。
6月15日(土)まで。

その後の店内の様子。
店内15
東京堂さんのほうで大きな看板作っていただけました。
boccafeさん作品の画像がかわい~。

ネットニュースでも記事にしていただいてます。
おさんぽ神保町
MSNトピックス
ありがとうございます!

凱留狗は6月5日に新作トンネルブック
(夕闇に染まる星空)を
少しだけ追加納品する予定です。

5月31日 追記
スポンサーサイト
16日から一か月間、東京は東中野の本屋さんで
「トンネルブック展 ~豆本作家のピープショー~」が
始まり、凱留狗工房も委託で参加します。
とんねるぶっく1
とんねるぶっく2
-------------------------
【トンネルブック展 ~豆本作家のピープショー~ 】

と き/2013年5月16日(木)~6月15日(土) 10:00~22:00
ところ/Books Tokyodo / Peper Back Cafe アトレヴィ東中野店 
    東京都中野区東中野4-4-26 アトレヴィ東中野3F
 TEL:03-5937-2590 (入場無料)
    ※東中野駅ビル「アトレヴィ」さんの3階になります。
内 容/10名の豆本作家による、トンネルブックの展示即売会。
出展作家(敬称略)/ キナーゼ こがりょうこ  茶柱立太 どーる・HONOKA 
     HeartCafe  花霞堂  boccafe  よしのちほ 蓮月堂  凱留狗工房
-------------------------
夜22時まで開いてるのでいいですネ。
トンネルブックのワークショップもあります。

【ワークショップ】
日  時:5月24日(金)14:00~  6月7日(金)14:00~
講  師:HeartCafe
料  金:2500円(材料費・道具貸出費込み)
予約方法:5月16日(木)から東中野店店頭にて受付開始。
     お電話でのご予約も可能TEL:03-5937-2590
-------------------------

2010年から「兎穴」という覗きからくり豆本を
細々と作ってきましたが、今回の展示用に
同じフォルム(進歩が無いとも言ふ..)で
柄違いを、新作二種類足して
合計三種類出展します。

「兎穴」では奥にウサギ男でしたが
新作「月穴」では奥に三日月。
書影1
付属チャームもお月さま。
微妙な顔したお月さまです。
書影2

 「兎穴」・「月穴」ともにモノクロなんですが
もう一つの新作「土星さん」は着色バージョンです。
続きます
先の記事の続きです。
マッチ箱を銀房に却下されたので
ちび街灯を小瓶にいれてみました。
丁度いま飛んでる綿毛とか入れました。
千秒小瓶lightOFFjpg
綿毛をピンセットでつまんでると沸いてくる
妙なこの親愛感はなんだろうとモジモジしてたら
クェイ兄弟の「小さなほうき」で
綿毛を食すシーンがあるんです、
思い出しました。三輪車をきこきこと音させながら
漕ぐんですよね、あいつ。
大島弓子の漫画だったか、
綿毛が耳に詰まると気がふれるから
タンポポ畑を通るときは
両耳塞いで一気に走り抜ける
というエピソードもあったような。

銀房がコルク栓に凹みをつくり、そこにLEDを差しこんで
あります。点灯させ光らせるとこんな感じに。
千秒小瓶lightON
ザロフさんで6月20日から行われる「一千一秒物語展 」
出すうちの一つです。高さ6cm。水晶、蛍石入り。

 話かわって。5月16日から東中野の書店で
「トンネルブック展」というものが一か月あります。
MOTOYAさんでの「手づくり本フェア」も6月5日から。
詳細はのちほど。
豆本CM3. │ TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。