FC2ブログ
7月下旬に、代官山にあるブライス人形専門店で
小さいモノを集めた企画展があります。
ありがたいことに凱留狗もお誘いしてもらえ
目下それに向けて作ってます。

書影4

「Vintage Toys Advertisements」
1920年代のアメリカのおもちゃ広告を綴じて
トンチキ和訳を付けたもの。増補改訂版。
48mm × 35mm 64p コプト綴じ。

 トンチキ和訳っていうのは、今でも香港や
台湾・韓国で目にする変な日本語。
ひらがなの「し」がカタカナの「レ」になってたり
「さ」が「ち」になってたり、直訳すぎて
ダブルミーニングになってたり。
ただの間違いなんだけど、小さなズレが
奇妙で面白く、時々偶然にも爆笑もののフレーズに
なってたりする。
 二十年前のIBAアティサニエ会長から、
最近だとGANTZの黒い球の指令文字とかでも
目にしました。
スポンサーサイト
豆本CM0. │ TOP▲
 最近特に、鼻持ちならなさ加減にげんなりします。自分の。
かと思うとくだらない事を他者と比べて過剰に自己卑下してみたり。
こういうマイナスエネルギーって、表現に置き換えてやれば
ちったぁ楽になるんじゃないかと愚考し
豆本のネタにしようかと。

傲慢シリーズとしていくつか断片を並べてみようと思う。

自分は負けず嫌いである。
学生の頃は、友に負けたくないために試験の点を取り、
優越感を得るために優等生を演じる
そんな嫌な子供だったように思う。

他人と比べることで傲慢が生まれる。

 宗教を安易に参照してみると
七つの大罪(罪源)the seven deadly sinsのうち、
もっとも悪徳なことが傲慢Pride Superbiaだ。
あらゆる罪の根源となるもの。というのも
この心を持つ者は謙虚さを失い、神をも恐れず、不遜になるからだ。
神を必要としなくなるのは宗教的に致命傷なわけで。
16世紀の画家・ブリューゲルPieter Brueghel the Elderの
『傲慢』という版画作品には下部に銘文が添えてある。曰く
「傲慢は神がなによりも憎むもの、同様に神もまた傲慢から無視される」

傲慢
中央で華美な服を着て鏡に見入る女が傲慢です。
鏡に映った顔は怪物で、本性を暴露している。
足元では、怪物が鏡に映る自分の尻に見入っている。
その左横のグリロス(頭から手足が生えてる怪物)は
指輪を口に咥え、鏡にうつる自分の姿に満足気。
怪物は孔雀の尻尾をもち、「傲慢」を象徴する女の脇にも孔雀がいる。
華美な羽を持つ孔雀は虚栄という傲慢のシンボル。
初台のブックカフェMOTOYAさんで始っている
『手作り本フェアvol.4』に参加させてもらってます。
(2012 / 6 / 6 ~ 7 / 1  ※月曜・火曜 お休み)
32名が作ったバラエティ豊かな手作り本の数々。

凱留狗工房は
「steam error」~珍奇骨董通販カタログ~
「サバト」
「箱入娘面屋人魚」
の三冊を展示販売させてもらっていて
コチラで暖かくご紹介いただいてます。
人魚

「箱入娘面屋人魚」は、山東京伝の黄表紙。
奇天烈なお話の粗筋を和綴じの豆本にしました。
画像は、足の無い人魚を遊女に仕立てるため
股引のような義足をつけさせようとしてるとこ。
戯作文学エグイです。江戸爛熟文化、半端無いです。

 納品がてら私も一昨日、平日の夕方じっくり拝見して来て
お宝げっとしてきました。
店主のMOTOYAさんや、葉山芸術祭でお世話になった方とも
楽しくお話でき、随分と長く居座ってしまった。
ユニークな手作り本の数々を読み耽れる、
静かで気持ちの良い空間でした。

市販の、小さい額縁形オーナメントが気に入ったので
豆本に組み込めないものかと試行錯誤中です。
mini額縁
40mm×55mm

色塗ってマッチ箱を背負わせて、中を飾ってみました。
書影1

二重底にして引出しをつけてみたので、飾りに合わせた内容の
薄くて小さい豆本をこん中にいれたらどっかな、とか。
構想中のこの段階が一番楽しい。
書影3


豆本つき


カリグラフィミニ


 かつて作った「のぞきからくり豆本」の表紙にも
額縁をひっつけてみました。
このジャバラ本はトレペ出力なので透けるのがミソです。
 間口が広いと、覗き込む感が減ってしまって魅力半減ですが
見通しがよくなって見やすくはなる。
額縁書影


 あと昨日作った箱二種類。
既成のものに百均メタルをちょっと貼るだけで
ぐっとイイカンジに。
整理箱
豆本CM4. │ TOP▲