FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豆本フェスタはおかげさまで
盛況のうちに終わりました。
ブースへきてくださった皆様、大変ありがとうございました。
いつものごとく出展数が少なくてご迷惑おかけしました。
ご注文してくださった皆様、ただ今鋭意制作中です。

一年かけて準備してきたイベントだったので
燃え尽きて何日も呆けていたのですが、
これでは如何と我にかえり、今週はお出かけしてきたのでそのメモなぞ。

かゆみともこさんの個展へ。
私が求めてやまないアノ「白色」。

「箱舟に乗せるモノ」は
もうひたすらタメイキ。
しばらく瞼から離れそうにない。

初めてお会いすることができ
作品解説までしていただけて感無量。

作品そのままにミステリアスで
透明な美しい人でした。

真夜中の遊園地
「真夜中の遊園地」
代々木の展示は明日26日迄。

∴...∴...∴....∴....∴..∴...∴...∴....∴....∴..

その足で代々木から近いはずの初台へも。
(はず というのは一時間近く
迷子ったから(泣))

展示させてもらってる
ブックカフェ「MOTOYA」さんへ。

アットフォームな入口は戸建ての玄関で。
靴を脱いでお邪魔します。

冷たいお茶をいただきながら
小さな本や不思議な本。びっくりする本
くすりとする本、懐かしい本。
心ゆくまで読み耽る。

豆本フェスタでは時間がなくて
悔しい思いをした本たちにもじっくり会え、
オーナーさんや同席していたお客さんとの
おしゃべりも楽しくて。

「手作り本フェア」
初台の展示はあさっての日曜27日迄。

きょうはなんて
贅沢な一日なんだろう
スポンサーサイト
その3「サバト」
この記事に載せましたレプハド「サバト」。三冊しか作ってなかったのですが、
豆フェス用に普及版を作りました。

魔術書のイメージなので背バンドをつけ、金色で背表紙を飾りたい。

以前書きましたように、金色印刷のためにマイクロドライプリンターを
壊れるの覚悟で中古で購入しました。
これが、久々引っ張り出してみたところ動く気配無し。。。
そうこうするうちイベントの期日は刻一刻と迫ってきます。
取り乱した私は、モノクロレーザープリンターを衝動買いしてしまった!

ご家庭にレーザー光線ですよ、なんか凄くないです?
贅沢言わなければ、インクジェットプリンタと同じくらいの値段だったのは
助かりました。どんだけ需要があるのかと。
日本人の家庭内DTP率の高さを実感しました。
インク代考えたらインクジェットよりお得みたいです。

さてなぜレーザープリンタなのかと言えば。
スタンピングリーフのせいです。
箔転写をしてくれるこのスグレもの、如何せんトナーにしか反応しない。
コピー機でもいいのだけど、最近のコンビニコピーは手差しができない。
よってレーザーという結論です。

作業はいたって簡単。
まずレーザープリンターで出力し
スタンプリーフ1
その上にスタンピンブリーフを載せてアイロンをあてる。
スタンプリーフ2
すると、トナーの部分に金箔がのるのです。
かなり細かい線もいける!
スタンプリーフ3

出来た金ぴか部分を背表紙に仕立てました。
背表紙にこぶmini
新装サバト

背表紙にこぶあっぷ
なんちゃって背バンドのアップ
なんかよくわかんないけど怪しさはある。

背表紙にこぶ中
サバト中身。

ちなみに表紙に使った紙はウィンターナイト
という柄で。
ウィンターナイト
光って白く見えますが黒色です。
とても美しいのですが薄いせいか糊づけにひと苦労。
扱いにくくて気難しい貴婦人のよう。

 最後に「豆本フェスタ出張版」に参加する
豆本がちゃぽんの画像も載せます。
「黒死館殺人事件」に出てくる魅力的な蔵書の目録を
作ろうとしていて、その雅茶凸版です。
30球作りました。
書影

久々豆本作りの日々を送ってます。
明日の豆本フェスタはがんばろー。えいえいお。
豆本CM10. │ TOP▲
前記事豆本フェスタ出展に際して、装丁を新しくした豆本が三種あります。

その1「Strange Cafe」
サイズを大幅にダウンして簡易装丁にし値段も下げました。
著者・大塚霜。ナンセンスなショートショートです。
ミニ
書影mini中

その2「ラ・フォンテーヌ寓話集」
かつて この記事で紹介しましたが、表紙に使っていた紙が
なくなってしまい新しくせざるを得ませんでした。
新装
新装naka
新しく採用した紙は、特殊なコーティングがしてあって凹凸があり
高級感ある割にそれほど高価でもなく、そして大変扱いやすい良い紙です。
sakura.jpg
画像では光ってしまってますが黒です。
気に入ったので覚書用にバーコードも貼っておこう。
サクラバーコード
でもあとで同じものが欲しくなっても
大抵一期一会なんですよねぇ。

長くなってしまったので続きます。
豆本CM2. │ TOP▲
いよいよ明日は浅草橋で、第二回「豆本フェスタ」です。
凱留狗もブース番号37番に、雉虎堂さんと共同で「雉虎堂&凱留狗」で出展します。
入場料700円。

雉虎堂さんの作品は私も以下の三種類持っておりますが
雉虎
どれもくすりと笑えるユーモアの裏に漂う教養といい
岩波文庫や新書を細部まで再現するミニチュア性といい
もの凄く完成度の高い豆本です。ファンです。

 ブースのお店番は、雉虎堂さんのお友達にお願いしていて
私は豆本がちゃぽんの当番を担ったり(凱留狗も参加)、
入場パンフの売り子をしたりと
スタッフとして動いてるので落ち着かないですが
100ブース近い出展者すべてが豆本という、中々無い一大イベントなので
よかったらお越しください。

追記
凱留狗は6種類の豆本+会場内の豆本がちゃぽん
を出品します。
豆フェス
「生る」「アリスアイテムコレクション」「サバト」「マンドラゴラ」
「ラ・フォンテーヌ寓話集」「strange Cafe」
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。