FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
vewer.jpg
ステレオビューアー試作。単純な直方体です。
一見、アメージングカードの劣化版といったかんじですが
写真を交換できることと、背面が抜けてるので光を透かせる
という二点が良いところ。
このままだと鼻がぶつかるので、鼻穴を開けないといけません。

 長四角に覗き穴というので、星のおうじさまの羊箱を連想。
あ、もしかしてあれって立体視箱?
と、一瞬ひらめきましたがよく思い出してみると穴が三つなので
違うっぽい。

 さて次にいよいよステレオ写真撮影です。
ステレオカメラっていうのはあるのですがかなり高価。
デジカメでも携帯でも、ちょっと横にズラして撮ったものを
二枚並べればいいのですが、ガイドかなんか用意しないと
中々に難しそう。

 手っ取り早いのは、インスタントカメラを2個用意して
ガムテープでぐるぐる巻いて即席ステレオカメラにしちゃう。
でもそれだと使い捨てだしなぁ。

 結局私が選んだ方法は「大人の科学」でした。
二年も前に発行されたVol14がズバリ、ステレオカメラなのです。
amazonだとプレミアついた中古しか出てないけど
学研HPから定価でまだ購入できます。

 組み立ては子供にさせ、30分ほどで作ってもらいました。
付録のステレオカメラはピンホールカメラでもあります。
アナログなこのトイカメラ、可愛い奴です。
ちゃんと三脚もつくしね。
付録だけでなく、雑誌の中味も充実してて、
前述のIBAでご一緒した、昔も今も憧れの人・細馬さんが
ステレオ対談なさってました。

 とりあえず手持ちのガーゴイルを被写体として、
「大人の科学」の付録、ピンホールステレオカメラを使って
ステレオ写真を撮ってみました(平行法)。
02.jpg

これで一応環境は整ったわけで、あとは
「あの」世界を覗くために、かっこいいジオラマを作れるといいのですが
そういうスキルは全く無いのが今後の課題。

ひとまず三回にわたって記したステレオマイラブは
これにて(了)。

追記(1/2)
デジカメに定規を当ててちょこっと平行にずらしたら
ごくお手軽にステレオ写真が撮れました。
フィルムだとやはり現像代がかかってしまうので....

海洋堂の白騎士をデジカメで撮ってみた↓(交差法)
sirokisi3.jpg

スポンサーサイト
 ビューマスター(View-Master)という子供用玩具がある。
私が持ってるのは随分前にトイザらスで買ったTYCO製で,
ボタンを押すと豆電球が付くLIGHTED仕様。千円くらいだった。
viewmasuter.jpg
まん中のくぼみに円盤状のリールをはめ、レバーをかちゃかちゃ回して
立体画像を楽しむもの。
リール
1枚の円盤に14枚の小さな画像があるので絵柄が7種類となり
大抵3枚セットなので合計21場面楽しめる。
TYCO製の別売りのリールもそのとき一緒にいくつか買い求めた。
多くはディズニーアニメなのだけど「Dinosaurs」という恐竜シリーズは
中々に迫力だ。

 ステレオ検索してたらこのリールでアリス物があることを知ってしまった。
ここ一週間ほどステレオ熱が再燃してる身としてはどうしても見逃せず、
思わずオクでぽちっと落札。
Alice表紙
人形でジオラマを作ってステレオ撮影したもののようだ。
1953年 / GAF Corporation製
ちょっと見ずらいけどレンズを通してデジカメに撮り交差法用に並べてみる。
Viewmaster

 裸眼で立体視するのもよいのだけれど
密閉された空間をレンズで覗きこむときの没入感は
たまらないものがある。

現実空間の延長の中で見る異世界よりも俄然トリップ度が高い。

だからツールとしてビューマスターは理想なのだけれど
これを自作するのは少々ハードルが高い。
せいぜい紙製の簡易ビューワーあたりが妥当なところかと思う。

 ところで、前述のフランスの骸骨ステレオ写真。
(国王とナポレオンの風刺画らしい。悪魔姿のナポレオンの
後ろにいるのはジョセフィーヌかな)
diablo.jpg

画面右側のみ、電飾らしきものに黒い点が見える。
あな
思うに、これは片方にだけ穴をあけ、背面から蝋燭の光などを
当てて楽しんだ跡なのではなかろうか。
片面にだけ光を射すことにより、ステレオ効果によってその部分の像が
チラチラするはず。

 光源をさまざまに変えて楽しむのは上記のビューマスターでも行える。
背面が半透明なので、七色に変わるLEDなどをあてて覗くのもまた一興。

 ステレオビューワーの背面は透過してるものがよい
という結論をここで得て、更にステレオ記事はつづく。
(お正月にむけて大掃除しなきゃなのですが~^^;)
 きっかけは桑原さんのスコープだった。
ギャラリー椿での展示会で珠玉の世界を覗き込んだ。
スコープ少年の不思議な旅」という本でお名前は知っていたけれど
実際作品を拝見したのは初めて。
本物を覗いて見なければ、あの鮮烈な感動はとうてい味わえない。

 覗くと視野一杯に広がるアナザーワールド。
みるみる体が小さくなっていつしかそのミニチュアな
世界にどっぷりと浸り込む。
 M嬢のおかげで光栄にもご本人と言葉を交わす機会を
得たのだけれど、かつては5mmの豆本を小道具として
作ったこともあるとか。(手製のマーブル模様つき!)
そういう虫めがねが必要なほどの極小豆本は
マイクロブックって言うんだったか。

 桑原さんのスコープが凄味を発するのは
懐中電灯をさまざまに当てたとき。
別に動いたりするギミックがあるわけではないのだが、
なんとも不思議なことに、魔法のように
光と闇が、影が、気配が、物語として立ち上がってくるのだ。

 鑑賞後、かすかな淡いデジャブを掬って
かき集めたら、ステレオスコープだった。
「スコープ」という同じ音からの単純な連想ともいえる。
百万円のスコープとは比ぶべくもないが
どこか通底する匂いを感じた。

 昔からステレオ写真は大好きだ。
飛び出るものならなんでも大歓迎。
だけど気づいてしまった。
本当にステレオで見たいのは、
ハンマースホイが描く部屋のような
シュヴァンクマイエルの操り人形がステップを踏む舞台のような
クロコダイルが横切るストリートのような
そんな空間、「あの」世界。

 15年ほど前、ランダムドットを皮切りにして
一時的にステレオブームが起こった。
私も国際バカスタック協会(IBA)の一員として
慣れない手つきで付け焼刃なステレオアニメを作ったりした。

 以来、目にするたびにステレオ本は一通り買っている。
仏像も宇宙もビンテージなヌードステレオ写真も
最近では任意の点Pも、
それぞれ大好きだけれど、「あの」世界ではない。
探してみても中々みつけられない。
僅かに美術館でよく見かける、名画をステレオ化した
エッシャーなどのアメージングカードの一部と、
フランスの古い作品があったがそれ以外には見当たらない。

無いものは作るしかない、と決意する。(つづく)

無題
六ライトアップイルミネーションがきれいなこの時期は色々楽しい。
発光ダイオード好きとしては、新宿テラスシティ
東京ミッドタウンが豪華だ。

エンヤも来てたらしい東京ミッドタウンでは、
暗くなるのを待つ間ユビキタスアートツアーも楽しめた。
500円で、ユビキタスという変てこな名前の端末が
館内外の現代アートや建物を詳細にナビしてくれる。
普通は関係者以外立ち入り禁止なセレブゾーンへも
一部特別に出入りできて見学できる。

広々とした昭和記念公園の電飾もよかった。
竹筒に入った蝋燭がちらちら灯る幻想的風景は、
不思議な光るキノコが群生してるよう。
輝くLEDの中心より、闇に溶け込む寸前の
ぼんやりとした周辺の境界に心ときめく。

昭和記念公園ではトイレそばのモミジ一本だけ
ライトアップされていたが、これの大掛かりなのが
六義園。左の写真は公式から引っ張ってきた物だが
夜に浮かぶ紅葉、そしてその影を映す池の
怖ろしいほどの美しさは筆舌に尽くしがたい。
息を呑むほどの妖艶さ。この異境ぶりは必見。
今週日曜14日までなので未見の人はぜひ。







前記事からつづく)
その資料とは、藤沢グリーンライオンズクラブ発行で、
タイトルは「こんな時代もありました」。
古老の話の聞き書きだ。

それによると、元々白旗神社の敷地は
この首洗井戸の土地も含んでいた。
神社と井戸の間にあったとされる首塚も、同じく白旗神社の所有で、
お祭のときは御仮屋が設けられ、首塚の前で神事がとり行なわれたという。
江戸時代の古地図(東海道分間延絵図)には
首塚の場所が記載されている。

コチラの画像は、昭和8年の本に所収されてる井戸の写真。
同ページに、義経の首が藤沢で葬られた記録がある
という記載もあって興味深い。
前述したように、教育委員会の見解は「伝」として
伝説扱いだが、それとは異なり、義経の首は藤沢の地に
確かに葬られた史実であるという指摘だ。

話を進める。かつて義経の首塚を祀っていた白旗神社。
ところが明治初年の廃仏毀釈のとき、
首塚と井戸の土地は民間に払い下げられてしまった。
以降の記述はざっとネットで検索してみたが
他所では触れられていない。アンタッチャブルな情報なのかもしれない。

 首塚の土地が民間に払い下げられたとき、最初に所有したのは、
大日野鼠角阪醸造店であったが潰れて
次に横町の肥料商岸村氏に売渡された。このとき首塚の前に
九郎尊神と書いた四寸角供養塔を建て供養し、
香花を絶やさなかったが大正中期に亡びた。
その後、駿河屋外岡分家の所有に移ると、家族に次々病人が
あって不幸続きが重なるので、易者の言に従い九郎判官源義経公之首塚
と言う石碑を建立したが、ついに昭和十四、五年ごろ一家死に絶えて
また潰れてしまった。

「明治維新以来百年の間に三代の所有者がいずれも滅亡してしまったので、
以来、忌地として誰も買う人はなかった。
ところが最近、地所ブームの波に乗って、この歴史的事実を知らぬ
他町村の人が買取り、義経公の碑を首洗井戸の辺に移動して
現在アパートを建設しているが、その将来は知らない。」

 以上、祟りを暗示する怖い昔話だ。
凄惨な事件があった場所は、それを知る人々の記憶に
無意識的な影を凝り固まらせ、噂話の中で忌地etcといった
マイナスな記号を貼り付け陰で差別したりするものだが、
堂々と書籍に書き残してあるとはある意味驚き。さすがライオンズクラブ。

 確かに古老の言うとおり、井戸の傍らには何故か首塚と書かれた
供養塔と石碑がある。
そして近辺のとあるマンションは、空き室が多く、異様に低価格であるという話をきく。
更に気になるのは、前述の教育委員会による井戸の説明書きの最終行。
何か書いてあったはずの文章を、上から塗りつぶしてあるように見えるのが
どうにも不気味だ。
ido大
 「義経の首を洗った井戸」という伝説を持つ
枯れ井戸がある。
ido.jpg

井戸には教育委員会の表示杭があって以下の説明書がある。
『伝源義経首洗い井戸
「吾妻鏡」という鎌倉幕府の記録によると兄頼朝に追われた義経は
奥州(東北)で亡くなり、文治5年(1189年)に藤原泰衡から
義経の首が鎌倉に送られてきました。義経の首は首実検ののち
腰越の浜へ捨てられました。
それが潮に乗って境川を金色の亀が背にのせてさかのぼりこの辺に
漂着したのを里人がすくいあげ洗い清めた井戸と伝えられています。』
「伝」とは地域での言い伝えで、古文書等、記録の裏づけのないもの
という意味だそうだ。
看板

 井戸の近くに白旗神社がある。
元々寒川神社のあったところに、義経の亡霊に苦しんだ頼朝が
義経の霊を祀らせた、という由緒を持つ。

 白旗神社に「義経公鎮霊碑」というものが10年ほど前に建立された。
これは没後800年のあいだ離れ離れになったままだった、
義経の胴と首を一緒にして合わせ祀ろうというもの。
具体的には、宮城県栗駒からは胴体の供養地の土、
神奈川県藤沢からは首洗い井土の土と、腰越の浜砂とが、
源義経公の御魂土(みたまつち)となり合わせて鎮霊されたということだ。
(詳しいことはコチラに。)

ここで一つ疑問がある。
首を洗った井戸があるのに、首そのものを埋めた首塚はなぜ無いのか?
帝都にある将門の首塚は怨霊として今だ名高い。
将門ほどではないにしても、頼朝をして神社を作らせるほどの
亡霊力を持った義経の首は一体どこに?

先の井戸の説明看板には以下のような続きがある。
『ここから北方四〇メートル辺に義経首塚と伝える遺跡もありました。』
コチラでは北方二〇メートルとなってる)
過去形である。今はない。昔はあった。なぜ無くなったのか。

その後、首塚消滅の経緯が載ってる本を、地元の図書館で見つけた。
前の記事で話題にした、ライオンズクラブが作成した郷土資料だ。
(つづく)
 山手線恵比寿駅の発車音楽は、エビスビールCMでお馴染み「第三の男」だ。
そして西口には鯛を抱えた恵比寿の銅像がある。季節柄、隣には大きなツリー。
エビス像
諸星大二郎ファンなら、恵比寿は蛭子と書いてヒルコになり、
生まれてすぐ葦舟に入れられオノゴロ島から流された水死体なので
暗黒系です(一部ワープ説明)。

 こちらのゑびす様にはお賽銭箱が付いていて、三十年ほど前に
東京恵比寿ライオンズクラブが創立十周年記念で設置したものだ。
ライオンズクラブは恵比寿様に限らず、ライオンの像もよく設置してると聞く。

 ライオンズクラブのロゴはアンティック。
スローガンの頭文字をつなげるとLIONSになる。
Liberty,Intelligence,Our Nation's Safety
 (自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全を図る)

ライオンズクラブロゴ
裕福な老人達が寄付したり名刺交換会をする集まり。というイメージを
私が勝手に持ってるライオンズクラブでは、
メンバ-の名前を呼ぶときは「○○ライオン」、自分を名乗るとき自分を
「ライオン○○です」というのは本当のことだが(参照URL)、正確には
「ライオンズ鈴木です」というように「ズ」もちゃんとつけるべきだと思う。
ちなみにライオンズマンションや西武ライオンズとは関係が無い。

 通りに植樹してるのをよく見かけるロータリークラブと
ライオンズクラブの差がいまいち庶民にはわからないが
両者を兼任することはできない。
 ロータリークラブ会員で有名なのはケンタッキーおじさん。
いまどきはサンタコスをして広告活動に精をだしてるカーネル人形の
胸元には、たいてい青色歯車のロータリーバッチが付いている。
歴代米大統領の多くはロータリークラブ会員なんだとか。
オバマ氏はどうか?なんとなく違うような気もする(偏見)。

「ライオンズクラブもロータリークラブもそしてボーイスカウト、
ガールスカウトもフリーメーソンの下部組織である」
と断言している本がある(書名失念)。
歴史的謀略・陰謀論には欠かせないフリーメーソンだが
「自由の女神像(Statue of Liberty )は、
フランス系フリーメイソンリーとアメリカ系フリーメイソンリーの間に
交わされた贈り物であった」
とwikiに書いてあって、真偽はわからないが興味深い。
 高円寺に『茶房高円寺書林』という素敵な古本カフェのお店があります。
私が知ったのは蔵書票部に入部直後、部員さんたちの作品が
展示されていると聞いて見に行った「蔵書票まつり」が最初でした。
2006年7月のことでした。ここで胡桃の椅子さんおれいゆさんの作品の
実物を初めて見れたのです。

 その後、豆本棚を見に足を運んだりしたことは以前書きました
高円寺書林には、豆書林というものがあって、レトロな棚に、
豆本ばかりがぎっしりと並べられているコーナがあるのです。

 そんな折、豆本フェスタ活動の成果でしょうか。
高円寺書林様から豆書林参加のお誘いメールをいただきました。
少々準備に時間をもらいましたが、先日ようやく納品をすませ、
光栄にも凱留狗工房も豆書林の一員となれました。ありがたいことです。
さっそくご紹介いただいてます(→コチラ)。
MINImandra binbook402
 コチラに豆書林の参加の仕方が詳述されてます。
年間契約料を払っての委託システムでした。
参加してみたいと思われるかたは、ちょっと勇気を出せば
OKみたいなのでゼヒゼヒ。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。