上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次なる豆本の材料は、イソップ童話にしようと

思っています。

キルヒャー系列になります。

抹香臭い教訓説話と侮るなかれ。

有名なものに紛れてナンセンスな小話多々あり。

Steinhowel版の全訳本ってあるのかなぁ。

なんかこんな変な挿絵とかがぽろぽろ付いてるんですけど。。



ex.jpg




まるでプリニウスの博物誌みたいじゃないですか。

私の知ってるイソップぢゃないっ!(ねねちゃん風)

なんて書いてあるか凄く知りたい。

機械翻訳ではちんぷんかんぷん。



謎です。



日本ではかなり早い時期に『いそぽものがたり』

としてイエズス会が翻訳してる模様。



しばらくイソップ解明に心血を注ぎます。




スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。