上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文学フリマというイベントが、11月11日(日)に

東京で行われます。

行ったことないくせに無謀にも参加申し込みをしました。

今回の第六回はなんと1.55倍の競争率だったそうですが、

運良く抽選に当たり、スペースをいただけることとなりました。

前途ある若者をさし措いて、当たってしまってスイマセン。



豆本専門のお祭り、豆祭りに続く、本格的出展となります。

残り二ヶ月ほどしかありませんが、

ここひと月間の充電期間を生かした

私なりのモノヅクリが出来たらいいなと思います。



楽しき豆本作りの日々、ハジマリハジマリ。


スポンサーサイト
 お散歩がてらのお寺巡りで

一回100枚ほどシャッター押してきます。

デジカメ時代万歳。アナログのときは

24枚撮りとかでよしとしてたし

写真なんて旅行・記念写真ばかりで

日常にカメラなんてなかったのにね。



 でもってお寺や神社ですよ。

庚申塚とか、老後の楽しみにとっておく

つもりが、ふと気づけば既にハマりつつあります。



ガーゴイルを考えると

欧米が、街の中で怪物と入り混じって

暮らしてるのに対し(普通のビルに

飾ってあったりする)

日本はその辺キチンと分けて、

非日常的なものは寺社に囲い込んでる

気がします。

それとも日本のスクラップビルド精神が

単に寺社以外は大事にしないってことなのかな。



ご近所のお寺に驚嘆し

木鼻が気になってる日々を

怪なるブツの方で晒してます
ネット散歩で拾った物みっつ



gaudi-.jpg


ガウディのカサ・バトリョの美しい天井。

flickrから。

thanks Milton CJ.

(商用使用不可、改変無しであれば掲載ok画像。)





ゲゲゲの鬼太郎アニメの中に、なんと京極夏彦脚本のものが

あるって知ってました?脚本だけではありませぬ。

一刻堂というキャラ名で登場し、鬼太郎たちを圧倒的に

屈服させるほどの強敵役で、しかもその声まで担当してる。

一刻堂とは京極堂そのままに、憑き物落としの拝み屋です。

言霊を操り次々と鬼太郎一派のアイデンティティーを

突き崩し、自己崩壊させていくという凄まじいストーリーなのです。



ニコニコ動画で見れます。(IDをとらないといけないからちょと

面倒かも。画面のコメントが鬱陶しいときは、コメント非表示を

チェックすると消えます。)レンタルで借りてきてもいいですね。

そんな訳で1997年東映動画『ゲゲゲの鬼太郎(第4期)

101話「言霊使いの罠!」』は要チェキ。



『最終兵器彼女』全話(You Tube)

2002年に放映された深夜アニメ。去年映画化もされたようです。

「ポストエヴァンゲリオン症候群」の先駆的作品だそうで、

徹夜して一気見してしまった。


錯視モノ大好き。

随分前に行った東京タワーも中々に楽しめましたが

箱根でやってたチープな『トリックアート展』もよかったです。

下の子供もこういうの好きなので、ノリノリで被写体に

なってくれました。



今にも食われそう!

kyouryuu.jpg


お、落ちるー
manhall.jpg


これは顔ハメ看板のバリエーションですね。
img20070818.jpg


逆立ち。

bakuten.jpg


つままれた

kubi.jpg


影がリアル

whoel.jpg


これは、下の円盤がグルグル回ってて

それを15秒凝視したのち

上の風景画の雲の所をみると....

雲がもの凄くグニュグニュ動くんです。

cloud.jpg




オマケ:

小田原といえば蒲鉾。

目玉親父カマボコがあったyo!

kamaboko.jpg


楽しかったです。
ポイントは、カスレです。



saru03.jpg









































































『怪なるブツ』ブログの方で

憧れの地、『怪物庭園』についての

よしなしごとを書きましたので

よろしかったら。
BSでやってた「アニメギガ スペシャル とことん!押井守」。

我が家では当然のように録画してがっつり見ました。



で、そこにコメンテーターとして出てた岡田斗司夫氏が

劇ヤセしてるのを見て唖然呆然。

100kg越えの太い人だったはずが、半分になってて

まるで別人。イッタイナニゴト???

と思って彼のHPを検索したら、案の定ダイエット本を

出すんだそうで。



本を読むまでもなく、以下の彼の日記を読むと主旨がわかっちゃいます。

コチラ

要は、



1.食べたものを毎日記録しなさい

2.消費カロリー以上のものは食べてはいけません



この二点。至ってシンプル。

とりわけ目新しいことを言ってるわけではないですが

ご本人の実体験に基づいてるので、いちいち説得力ありまくり。

記録することが肝だから、レコーディングダイエット。

私も始めてみました。

なんでもそうだけど、毎日続けるのは大変。

あと5kgは落としたいんだけど、ブートキャンプも最近さぼってるしなぁ。

でも書くことは苦にならないから、これなら続くかもしれないです。


ガーゴイルを求めて一橋大学国立キャンパスへ

行ってきました。

堪能レポートはコチラ

ついでに目黒雅叙園の百段階段へも。

期間限定1500円の入場料で観覧できます。

昭和の竜宮城の渾名はダテじゃない。

東照宮も真っ青の悪夢的キッチュの極み。
flickrとは、画像共有サイトです。

世界中の色々な写真が見放題。

タグ付けにより検索具合も高機能。

画像を言語がわりに駆使して、

カテゴリーごとに、mixiのコミュニティのような

使い方もできちゃう。

2004年の立ち上げから現在までに

数億枚の画像がプールされています。

ウィキによる説明はコチラ



昨日yahoo ID(アメリカ版)を取得して

無料flickrの世界に踏み入ってみました。

マニュアルを日本語化してくれる、

ありがたいサイトを参考にして。



いやぁ、凄いです。

普通の検索サイトだと、目的の画像に

辿りつくのに、モノによってかなりな労力が

かかったりするですが

flickrはタグとグループのおかげで

なんの苦労も無い。

あんなに見たかった怪物庭園の写真が

「Bomarzo」と検索しただけで

ざっと1200枚のビンゴ。

嬉しい悲鳴をあげちゃいました。



「共有」思想を一歩進めて

自由掲載を許可してる画像もかなりな数あります。

著作権は放棄しないけど、

画像クリックで元画像へリンクしてくれればいいよ

みたいな。(実際はもちょっと複雑な分類)

wikiで使ってるコモン画像も、flickr由来の物が

多くあるようです。



掲載する場合、flickrへのリンクバックを含めた

画像のソースコードをブログに埋め込むわけですが

これがどうもうまくいかない。

プロバイダごとに記述の仕方に方言があったりするようで

面倒くさいので、自動ブロギングにもちゃんと

対応しているBlogger にブログを設置してみました。

BloggeはGoogleが買収したようで、

Googleメニューから設置できます。



そんなわけで、私のコレクション展示サイト、

『怪なるブツ』でもflickrを利用できるよう

Bloggeに設置し直しました。

掲載OK画像を使って

「世界不気味スポットへのバーチャルツアー」

なんぞできたらいいなぁとたくらんでいたりします。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。