上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずっと放置だった過去作品を
やっと並べました。
お手軽ブログに馴染んだせいか、HTMLをすっかり忘れてしまい
単に画像を並べただけなのになんだかやけに手間がかかってしまいました。

http://www2.tba.t-com.ne.jp/doll/gallery/index.html
スポンサーサイト
1.jpg

2008年 7月作製
Vintage Toys Advertisements」70mm×55mm
糸綴じ本かがり32ページ。


表紙

2008年 7月作製
Mother Goose」70mm×50mm
糸綴じ本かがり64ページ。

表紙をペリペリと破いて英字新聞を裏からあててるシリーズです。
詳細はそれぞれのリンクを辿ってください。

 これにて「ギャラリー」カテゴリーもひと段落。

なんで急ごしらえに、記事がダブる感じで
こんなカテゴリーを作ったかといいますと....
その答えは次の記事に。
初めてここ、凱留狗工房にいらっしゃるかたの為の
案内として作ったのでした。
というのも....
アリス豆本にちなんで、銀さんメインで作ったアリス物の数々

シール
03

ドードー鳥ハンコ
04

コレクションボックス
AliceBox0

スモールボックス
dodoどど

mad帽子
Alice 豆本
2008年 2月作製
50mm×70mm 本かがり 126ページ

アリス部用に初めて本かがりして作った豆本「鏡の国のアリス」。
詳細はコチラ
厚いとぐっと本っぽくなり、私の浅い豆本暦(^^;)上エポックメイキングな物となる。
分厚いので小口の化粧断ちにかなり苦労。こりたので100ページ越えの物に
今後手を出すことはもうないと思われます。
 プレアリスともいうべきこれ以前の切手風味アリスもありました。
アリス豆1

Alice1

ポストアリスとしては、こちら「地下室のアリス」
miniBookAlice
2008年5月作製 50mm×60mm
本かがり 64ページ
詳細はココ

マイクロドライプリンター(中古)を導入して憧れの金文字印刷に挑戦。
現在プリンターのご機嫌、すこぶる悪し^^;。
いまにも壊れそうで、ほんの気まぐれ程度にしか印刷してくれません><。
2007年 10月作製 70mm×60mm
Fig03.jpg
表紙に窓をあけて、なめし革に手作りハンコを捺印
革紐で軽く止めてあります。

伊曽保物語とはイソップ物語のこと。
Steinhowel版イソップ寓話集(1501年 ドイツ)を
底本とし、「日本古典文学大系」を参考に
出鱈目な古文調で抄訳したもの。
敢えて大事な教訓部分を削除して
シュールさを強調した。

伊曽保中身
中身はクラフト紙。
やりたい方向性はわかるけどいまひとつ到達できてない。
要改良。

文学フリマで販売したときは、この豆本に合わせて
本文で使用している挿絵を使って手作りハンコも作りました。
伊曽保印版完成-1-2


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。