上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蝙蝠
前記事、玩具館三隣亡に出展します
琥珀金作、蝙蝠のメタルエンボッシング。
硝子面に、煤が薄く付いてるような
着色がされてるので写真に撮りにくい。

お手製の鎖つき十字架とともにゴシック感満載。

琥珀金FBは↓

スポンサーサイト
赤レンガや○○美術館で展示販売するので出しませんか?
出展料は数万円です。展示期間は一週間弱です。
場合によっては海外での展示もあります。

団体名称をさらすのもどうかと思うが最近だと
クリオアートさんと
ハートアートコミュニケーションさん。
大抵はうちのブログを見てというのが多いのだが、
今回は現在展示中の「MOTOYAさんで見て」
と具体的な展示名があったのでちょっとびっくり。

ちゃんとした団体なんでしょうが、ウチごときに
声かけてくれるのが不思議。
5桁出展料は無理です
お返事しませんすいません。

多少持ってる自惚れをふいに小突かれて
自分にイラっとする。
ミーハーな私には○○美術館という名前だけで
クラっときますが、
昨今の美術館事情が書かれたこんな記事も。
銀座モダンアートでのZINE展終了しました。
ご来場いただきましてありがとうございました。
搬出がてら展示をハシゴしました。
 
 まずは新宿マルイワン4Fケースギャラリーにて
ブライス人形の「調香師の月下香譚詩」。
お人形も素敵でしたが、菊地さんのオブジェ目当てで
行ってきました。
したらなんとウチのマンドラゴラ豆本が小物の
一つとして使われてた!感激。
撮影可ということで記念に激写っ
調香

 そこからギャラリー新宿座の「清水真理20周年記念個展」へ。
今回三度目の来訪。明日で終わっちゃうのが寂しい。

 近くの A Story 新宿店へも。
ラフォーレが終わってきょうから来てるんです~と、
マンタムさん作品が贅沢にもところせましと!

 それから東京駅前の新装郵便局KITTEへ。
ここにあるインターメディアテク
立派にブンダーカマーをかましてました。
帝大時代のキャビネットや展示台そのままに、
タイムスリップしちゃえる見せ方が興味津々。
入場無料です。ぜひ行くべき。

 そこから浅草橋へ足を延ばし、パラボリカの
マンタム個展「 残骸に在るべき怪物 」
part1を鑑賞後、銀座へ行って豆本搬出という
マンタムさん味濃い目の一日でした。

銀座奥野ビルの手動エレベーターも体験してきました。
奥1
階段脇にこんなオブジェがあったりもして。
奥2
前記事にも書きました、3Dプロジェクションマッピング。
東京駅のと汐留のを旦那とハシゴして見てきました。
東京駅のは凄い人ごみで、前回より投影範囲が狭くなってて
少し残念でしたがキレイだった。

汐留のほうで軽く迷ってるうちに偶然巨大なからくり時計に遭遇。
新橋駅そば、汐留の日本テレビ社屋にへばりついてる。
ゆりかもめからもチラっと見えて、あれは何だろうと思ってました。
この「宮崎駿デザインの大時計」は6年前からあったらしいが
全然知らなくて、嬉しい発見。
20時に動くところを見てきました。今度昼間のからくりも見たいな。
時計

東京ミチテラス 12/21(金)-28(金)
リュミエの森  11/13 - 12/25

追記
東京駅の25日以降の投影は、人が集まりすぎて中止だそうです。

壁が崩れる巨大ものも良いですがこんなのも。
ここのとこヘビロテで眺めてる動画。
pj.jpg
「The Alchemy of Light」
by A Dandypunk
シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーでもある
Joel Sebastianの、10分映像からの抜粋2分39秒。
プロジェクションマッピングを利用したperformance art。
グリッチな音楽もよくて。
edITのAntsという曲。

 旦那が一週間休暇だったので、平日一緒する。

 シルクドソレイユIMAX 3D鑑賞。
可愛い兎の頭かと思ったら、ひっくり返って
ふたつの耳が二本の足になって
スタスタ歩き出したのが妙にこびりつき。

 Box Art EXHIBITION 「箱の中の詩学」。
パラボリカで偶然遭遇した美登利さんとご一緒に、
マンタムさんから作品解説を受けるという僥倖を得たり、
ユウヰチさんの「御伽寫眞フヰルム」を手にできて
嬉し泣いたり。この展示はどれもそれはそれは
もーたまらんです。出展者のお一人、
川島さんの作品がザロフでも今展示して
らっしゃるようなので、ぜひそっちも行きたいです。
来夏、美登利さんスペシャルがあるらしいというお話にも
今からわくわく。

 黄金町バザール2012。
かつての違法風俗物件をアートの現場に再生しよう
という試み。ココがアレかと思うと感慨深く。
そしてソコで山田裕介さんの作品を知る。
 黄金町の隣の日ノ出町で、台湾おつまみの
シジミの醤油漬も初めて食べました、まる。

 最後に告知です。
三隣亡が京都で!
私は作品作りが間に合わず不参加なのですが
例の「三隣亡」が色々パワーアップして
京都のライト商會 さんに出現します。
「あけまして三隣亡」2013年1月16~27日。
詳細はコチラに順次アップされる模様。

既に年賀状とか発売され、
ここへきて衆議院突然解散とかなんとか。
豆フェスが終わって気が抜けてから早一か月。
この調子だときっとアっというまに
年の瀬デスヨ、奥サン。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。